練習や試合のイライラを克服!「欲求不満耐性」を高めるメンタル強化方法:精神分析的メンタルコーチ直伝【本格メンタル強化研究】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
テニス本格メンタル強化シリーズ:欲求不満耐性をあらわす静謐さのあるコートとボール

本格的にメンタルを鍛えるための「本格メンタル強化研究」シリーズ。
今回は、「メンタルが強い人」になるために欠かせない「欲求不満耐性の高め方」です。

欲求不満耐性とは

欲求不満耐性とは、予想と違う状況や思うようにいかない状況、すなわち「欲求不満な状況」での忍耐強さです。

「こうしたい」「ああしたい」という欲求が満たされない状況で、どれだけクサったりイライラしたりせずに自分を保てるか・・・それが、欲求不満体制の高さです。

欲求不満耐性の効果

「思うようにいかない状況で感情的にならずにいられる性質」「わるい意味で意外な展開になったときに自分を保つことが出来る性質」を意味する欲求不満耐性。
欲求不満耐性が高い人は、スポーツや日常生活において次のような効果が見られます。

欲求不満耐性が高いと、練習では・・・

欲求不満耐性が高ければ、練習でミスが多かったり目標としているショットがなかなか打てなかったりしても、さほどイラつかずに済みます。
「なんで出来ないんだ!」と感情的になって、自分を追い込みすぎたりラケットを投げたりすることも少ないでしょう。

欲求不満耐性が高い人は気持ちをフラットに保つことが容易なので、そもそもミスやイライラも少ないです。

欲求不満耐性が高いと、試合では・・・

欲求不満耐性の高い人は、試合でも、ミスを連発してもイライラした仕草をほとんど表に出しません。
ミスが続いたり相手が連続得点したりしても、自滅することなく比較的すみやかに自分らしいプレーを取り戻します。
ですから、欲求不満耐性が高い人の試合は、安心して観ていられます。

対戦相手にしてみたら、欲求不満耐性の高い人は非常に戦いづらい相手でしょう。
自分がどれだけ良いショットを決めても、イライラしたり「も~」とボヤいたりせずに、飄々としているのです。
むしろ、対戦相手のほうが「なんでコイツは平常心を保てるんだ?」とイライラして自滅してくれる可能性も高まります。

欲求不満耐性が高ければ、それだけで試合巧者だと言えるでしょう。

欲求不満耐性が高いと、日常生活では・・・

日常生活でも、ストレスフルな状況で欲求不満耐性の高さが効果を発揮します。
「我慢」が要求される状況で感じるストレスが少ないです。

例えば、受験勉強等の長期的な目標にはコツコツと取り組めるでしょう。
ダイエットや筋トレなども得意なほうだと思います。
新入生・新入社員といった立場におかれても欲求不満耐性が高ければ高いほど、叱られたり戸惑ったりしてもあまりへこたれません。

爆発力には欠けるかも?

一方で、欲求不満耐性が強いということは我慢が利いて冷静だということですから、爆発力にはいまいち欠ける可能性があります。
喜びや怒りなどの強い感情のパワーを借りて、一気に物事を押し進めるタイプではなさそうです。
猪突猛進型ではなくコツコツ型ですね。

さて、基本的にはメリットの多い、この欲求不満耐性。
どのようにすれば高めることが出来るか、考えていきましょう。

欲求不満耐性を高める方法 その1 
 冷静さを保つ訓練をする

欲求不満耐性は、感情的になりがちな場面でできるだけ感情的にならないようにすることで身につきます。

カッとなったりイライラしたりする場面で、冷静を保つような訓練をしましょう。

イメージトレーニングだけでもずいぶん違います。

例えば、試合で、いつもうまくいっているショットがうまく打てなくなったシーンを想像してください。

どんな気持ちになりますか?

「どうしちゃったんだろう?」と不安になる人もいれば、「ったくもー!」とイライラする人もいるでしょう。

その不安やイライラを消去し、自分らしさを取り戻すイメージを抱いてください。

イメージトレーニングの方法はいろいろあります。
もし「負の感情を消去し自分らしさを取り戻す」イメージが難しければ、自己分析を深めたり専門家に相談したりする機会を作りましょう。

欲求不満耐性を高める方法 その2 
 「あきらめの悪さ」を自覚する

欲求不満耐性が低い人というのは、感情的になりやすい人です。

では、感情的になりやすいのはなぜでしょう?

どんなタイプの「感情的になりやすい人」にも、「あきらめの悪さ」が関係していると思います。

欲求不満時に、感情的になっている人の心の中は次のようになっていることが多いです。

「なんでうまくいかないんだ! 絶対うまくいかせなきゃ気が済まない!」
「今すぐ、いつも通りの自分にならなきゃダメだ!」

この、「なんで」「絶対」「~しなきゃ」「今すぐ」・・・これらが「あきらめの悪さ」のキーワードです。

あきらめの悪い気持ちを受け入れやすく変換する方法

欲求不満耐性の高い人は、「なんで」「絶対」「~しなきゃ」「今すぐ」といった気持ちにあまりこだわりません。
つらい時でも耐えられるように、「なんで」「絶対」「~しなきゃ」「今すぐ」といった気持ちを上手に変形します。

例えば、
「なんで」は・・・「うまくいかないのはなんでだろうとも思うけど、今考えてもわからないからとりあえずほっとこう」
「絶対」は・・・「そもそも完璧なわけじゃないし、絶対できるって思い込みかもしれない。ちょっと冷静になろう」
「~しなきゃ」は・・・「義務感を持つと余計に自分を追い込んじゃう。もっと楽しもう」
「今すぐ」は・・・「自分を信じていれば、そのうちできるようになるさ」
・・・という具合です。

ありのままの自分を受け入れること、それが欲求不満耐性を高めるコツのひとつです。
あきらめの悪さが度を越してしまうと、自分を追い詰めるだけになってしまって欲求不満な状況に弱い人になってしまいます。

欲求不満耐性を高める方法 その3
 即断即決する癖をつける

 
前項で述べた「欲求不満耐性が低い人=あきらめの悪い人」という図式でもわかるように、欲求不満耐性が低い人は何かとこだわってしまって気持ちの切り替えが上手くありません。
一方、欲求不満耐性が高いと気持ちの切り替えが上手です。

欲求不満耐性を高めたいなぁと思うなら、普段から即断即決を意識しましょう。

例えば、外食をするとき、どのメニューにするか悩んでもすぐに料理を決める等です。

優柔不断をやめてさっさと決めてしまうと「ほんとに、これでよかったかなぁ」と後悔したりして、再び欲求不満になりがちです。
でも、それもチャンスです。

度重なる欲求不満状況で、いかに即断即決して気持ちを切り替えられるか。
これは、テニスの試合にも求められることです。

欲求不満状況に弱い人は、優柔不断?

「メンタルを強くしたい」と思ってこの記事を読んでくださっている方で、「たしかに、欲求不満耐性はあまり高くないかも・・・」と思っている方は、失礼ながら優柔不断な傾向があるのではないかと思います。

優柔不断な人がなぜ物事をすぐに決められないか、考えてみてください。

出来るだけ、自分が欲求不満に陥らないようにしようとしているのです。
傷つくのを恐れる傾向が強い人です。

しかし、テニスは基本的に欲求不満になるスポーツです。
うまくいかなかったり相手に決められたりして気持ちが揺れることが多いスポーツだと思います。

ですから、「どうせ欲求不満に陥るのだから、欲求不満に陥らないようにと優柔不断でいるのは意味がない」と腹をくくりましょう。

普段から、優柔不断な態度をやめて即断即決を心がければ、欲求不満耐性が高まります。
そうすれば、練習や試合でも冷静かつ物おじしないプレーができるでしょう。

以上、『「欲求不満耐性」を高めるメンタル強化方法』でした。
ご覧いただきありがとうございました!

よろしければ、こちらの記事もご覧ください。欲求不満耐性の関連記事です。
「メンタルが強い人」の心理学的特徴3つ:精神分析的メンタルコーチング理論から
タフな試合に必須!「レジリエンス」を高めるメンタル強化方法

勝敗は心の状態で決まる!精神分析に基づくテニスメンタル強化コーチング

"テニスメンタル強化コーチング"は、現役臨床心理士が専門的なカウンセリングの手法を詰め込んだ、革新的なコーチングです。

「勝負弱い」「メンタルを鍛えたい」「ここという場面で負けてしまう」「試合で緊張しすぎてしまう」「練習のモチベーションが上がらない」「思うように結果が出ない」というジュニア選手からプロテニスプレーヤーの方まで幅広く対応可能です。

後悔のないテニス人生のために。
いっしょにがんばりましょう。

メールもしくは予約用フォームからお気軽にお申込みください。
■メールアドレス:tm-coaching★excite.co.jp(★→@)
■こちらのボタンを押すと予約用フォームが開きます↓

テニスコーチングお申込みはこちら

SNSでもご購読できます。