テニスメンタル強化コーチングの流れは?【Q&A】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
テニスメンタルコーチングの流れ

テニス・メンタル強化コーチングの流れは大きく分けて3つあります。
「現状を分析する」
「『気づき』を得る」
「『気づき』を練習や試合で実践する」
・・・この3つです。

「テニスメンタル強化コーチング」のコーチは、臨床心理学の修士号を持つ臨床心理士です。
テニスプレイヤーやテニスのテクニカル(実技)コーチの経験もあります。

選手・指導者両方のテニス経験を持つ心理学の専門家があなたのメンタル強化コーチングにあたります。

以下、メンタル強化コーチングの流れを詳しくご案内してまいります。
コーチング申込みをご検討される際の参考にしていただければ幸いです。

テニスメンタル強化コーチングの流れ
 1.現状を分析する

テニスメンタル強化コーチングでは、まず最初にあなたの現状を分析していきます。

現状分析は面談形式で行うのが基本ですが、実際にあなたの練習や試合を拝見することも可能です。

分析方法その1 練習と試合の詳細カウンセリング

テニスメンタル強化コーチングの現状分析は、まずはあなたの練習と試合への取り組み方について詳細にお聴きします。

出来るだけ詳しくお話いただくことで、現状の問題点や良い点、改善点などが判明します。

分析方法その2 心理査定

臨床心理士ならではのコーチングアプローチとして、心理査定がございます。

心理査定は専門的な心理テストです。

より深い次元で「あなた自身」がわかります。

心理査定を受けると、どんなふうにテニスに取り組んでいるか、どんな点を改善していけば良いかが深層心理学的に明らかになります。

心理査定は、現状を分析したり、分析による『気づき』を練習・試合で実践したりしていくうえで、非常に役に立ちます。

分析方法その3 精神分析的カウンセリング

テニスメンタル強化コーチングの現状分析方法における臨床心理士ならではのアプローチはまだまだございます。
それは、「精神分析的カウンセリング」です。

「精神分析」というと堅苦しい感じがするかもしれませんが、行うことはシンプルです。

本来の精神分析的カウンセリングは、面談形式で、思い浮かぶことをただお話しするだけ。
精神分析の専門家がサポートしながら思い浮かぶことをお話するだけで、心の洞察が深まっていきます。

テニスメンタル強化コーチングにも、精神分析的カウンセリングのエッセンスを多分に取り入れています。
精神分析的カウンセリングはほかのカウンセリング・コーチングに比べてかなり主体性が重んじられる面があります。

テニスに関して、自分自身に関して、いまのこと、これからのことを思い浮かぶままお話してください。

心を深く洞察していくことで、テニスの練習や試合における現状改善方法やテニスの悩みの解決方法の糸口をつかめます。

何度か受けてみると実感していただけると思いますが、あなた自身の内面が刻々と変化していくのを感じることが出来るはずです。

テニスメンタル強化コーチングにおける
 「現状分析」の結果・・・

テニスメンタル強化コーチングの「現状分析」をすることで、次のような効果が得られます。

1.自分をより深く知ることが出来る
2.自分のテニス人生をしっかり受け止められる
3.自分らしくテニスに取り組める

現状分析を経て、以下でご説明するような「気づきを得る」「練習や試合で実践する」といったステップを踏んでいきます。

テニスメンタル強化コーチングの流れ
 2.「気づき」を得る

テニスメンタル強化コーチと現状分析をしていくと、どんどん「気づき」が得られます。

コーチが心理学の専門家・臨床心理士として、あなたが自分自身の心を深く洞察しやすいように面談を進めていくためです。

「気づき」は、理性的にわかるだけでは十分とはいえません。
また感情に傾いていても十分な気づきには至りません。

あなたには、これまで理性ではわかっていても情緒的に受け止められなかったことや、感情的にはもやもやしていたけれども今イチ言葉にならなかったことなどがたくさんあると思います。

精神分析的カウンセリング方式の面談を通して、理性的にも情緒的にもバランスよく気づくことが出来ます。

まさに「ハッ!Σ(゚ロ゚;)!!」という感じで気づきます。

メンタル強化コーチングの面談の場における、この「ハッ!Σ(゚ロ゚;)!!」がとても大切なのです。

かなり抽象的な表現になってしまって恐縮です。
「気づき」は本当にごく些細なことだったりもします。

テニスメンタル強化コーチングの流れ
 3.「気づき」を練習や試合で実践する

メンタル強化コーチングの面談の場で「ハッ!Σ(゚ロ゚;)!!」という形で「気づき」を得ると、練習や試合で気づいたことを実践しやすくなります。

これは、「なぜ?」と言われると言葉で説明するのが難しいのですが、心理療法や心理カウンセリングにおける心理的な信頼関係によるものだと思われます。

自分のことを心理的に深くわかってくれている人(コーチ)との語り合いの場では、あなたは無意識的にとても心の深いところまでオープンにしています。

そのような深い深いメンタル強化コーチングの場で得た「ハッ!Σ(゚ロ゚;)!!」気づきは、あなたの自信に結びついています。
気づきと自信が結びついている状態ですと、「気づいたことをすぐに練習や試合で試してみよう!」と容易に思うことができます。

「気づき」を練習や試合で実践しやすくするために

「気づき」の内容によっては練習や試合でどう実践していけば良いか迷うこともあるでしょう。

例えば、「対戦相手が強そうだと感じてしまうと戦略を考えすぎて体が硬くなってしまう」と気づいたとします。

その気づきを踏まえて、
どんなふうに練習したら良いか。
どんなふうに試合に臨むと良いか。
・・・メンタル強化コーチは、あなたといっしょに分析し洞察していきます。

練習のときに、誰と打ち合っていてもイメージトレーニング的に強い対戦相手を想定して自分を追い込むという練習方法を実践することもあります。
試合で対戦相手が強そうだと感じたときにどうするかをより分析し、例えば戦略を考えすぎるのでなく得意なショットを打つことに専念するようにしたり全く別のことを考えるようにしたり等、していくこともあります。

理想的な実践のための「練習コーチング」「試合コーチング」

気づきを実践するときに、自分の「イメージ」と「実践」のズレを感じることもあるでしょう。

「相手に良いショットを決められたときに負けることを意識してしまい過度に不安になってしまう」と気づいた人が、練習や試合でまた同じように過度に不安になるケースもあります。

分析の不足や無意識的なこだわり、また自信のなさ等が原因だと思われます。

そんなときのために、テニスメンタル強化コーチングでは「練習コーチング」「試合コーチング」も行っています。

実際の練習の場や試合会場に、リアルタイムでメンタル強化コーチがおじゃまします。

一緒に練習したり試合の前後にアドバイスしたりすることで、理想的な実践へと近づけます。

テニスメンタル強化コーチングの流れ まとめ

テニスメンタル強化コーチングは、分析→気づき→実践、この3ステップの繰り返しになります。

この3ステップを繰り返すことによって、あなたは自分を多角的にとらえより多くの選択肢を考えられる「深みのあるテニスプレイヤー」になっていきます。

テニスメンタル強化コーチングを受けようか迷っている方へ

テニスメンタル強化コーチングは、コーチとあなたの共同作業です。
お互いに思い浮かんだことや考えたことをどんどん提案していくことで、分析が深まり実践がはかどります。
まずは、心理的な信頼関係を作っていきましょう。
どんなことでもご相談ください。

勝敗は心の状態で決まる!精神分析に基づくスポーツメンタル強化コーチング

"スポーツメンタル強化コーチング"は、現役臨床心理士が専門的な精神分析的カウンセリングの手法を詰め込んだ、革新的なコーチングです。

「勝負に弱い」
「メンタルを鍛えたい」
「思うように結果が出ない」
「ここという場面で負けてしまう」
「試合で緊張しすぎてしまう」
「ジュニアコースに通わせている子どものモチベーションが上がらない」
・・・など、
さまざまな悩みを抱える、
ジュニア選手の方からジュニア選手のお父さんお母さん、
初心者さん初級者さんからプロのアスリートの方まで、
幅広く対応可能です。

後悔のない、あなたの人生のために。
いっしょにがんばりましょう。

メールもしくは予約用フォームからお気軽にお申込みください。
■メールアドレス:project.m★zoho.com(★→@)
■こちらのボタンを押すと予約用フォームが開きます↓

コーチングお申込みはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す